トップページ | 2006年6月 »

W杯ツアー

ニュースでご存知の通り、マックスエアサービスのW杯ツアーが中止になりました。じつは私とK先輩の、いつもの二人組み、最初はチケットがなかったので「チケットつきツアー」を探していました。大抵の旅行代理店は、「チケットは別」とか「手配はしてない」とか「すでにキャンセル待ち」だったんですよ。ところがこの、マックス…は、まだ、間に合った。私ももう少しで申し込んでいたかもしれません。

結局私は西鉄のツアーだし、チケットは友人からゆずってもらえたので、このマックス…にはお世話にならなかったのですが。

そのツアーに申し込まれていた方は本当につらいことと思います。ただの旅行じゃないからね。しかも、たぶん、職場にも休暇を申請していただろうし、お友達にも軽く「W杯にいくんだ~」なんていっていたのだろうし。

W杯の勝ち負けだけでない「お楽しみ」をなくされた方の心中をお察しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝国は…? 予想

W杯の日本代表の行方はもちろん気になりますが、優勝国はどこだと予想します? 私はね、本命はブラジル、次はドイツ。あとはあんまりピンときません。フランスはないでしょうね。スペインやポルトガルは好きですが、W杯はモチベーションの関係で厳しいとみた。あとアフリカってどこがきていたっけ??

こんなこと書いちゃダメかもしれませんが、日本代表の決勝トーナメント進出はかなり厳しいと思います。だからこそ、初戦の応援に行くわけですけれど。

もうすぐドイツ戦です。起きてみてる根性がないので、明日の朝を楽しみにして寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーツァルト

iPodを持っています。でも、nanoのほうでよかったかなあ。クレジットカードのポイント引き換えでゲットしたのですが、そこまで大量の音楽を持ち歩かなくてもよいのですよ、私。nano、買い足すのもちょっとしゃくだしなあ。

通勤では音楽よりも本を読むし、家にいる時間だと、音楽よりもDVDやテレビの時間のほうが長い。まあ、家から駅まで15分歩くので、そこで聞く程度です。

今年はモーツァルト生誕250年記念だそうで。ちょっとクラシックも聞いてみようかと、いくつか買いました。

じつは私、小さなころからピアノを習っていたおかげで(せいで?)、絶対音感があるのです。そのため、クラシック音楽だととくに、曲がすべて、「ドレミ…」で聞こえてしまうのです。とくにピアノ。曲そのものを楽しむよりも、音階を追ってしまって、ときには、疲れることすらあるのです(笑)。一般的に「癒し」といわれるモーツァルトのスローテンポの曲。それこそ、ドレミで音を追いたくなる、「絶対音感チャレンジ曲」になってしまいます(笑)。

とりあえず、癒されたりチャンレンジするために、「入門盤」的なCDを買いました。シチュエーション別に編成された10枚のCDです。これからiTuneにおとします。

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=

アーティスト:オムニバス(クラシック)
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2005/08/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすすめマンガ

最近読んだコミックスで、面白かったものをいくつか。

リアル (5) リアル (5)

著者:井上 雄彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ご存知「スラムダンク」の作者です。車イスバスケです。健常者、障害者、それぞれの立場やそれぞれのキャラクターがよく描かれていて、女性が読んでいても面白いですよ。まだ5巻までしかでていないので、今読めば、すぐにおいつくはず(笑)。

ラブ・コン 13―LOVELY COMPLEX (13) ラブ・コン 13―LOVELY COMPLEX (13)

著者:中原 アヤ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高校生の恋愛モノなんですけどね。長身の女の子と、低身長の男の子。言っててみれば青春ラブストーリー。「ふざけあうような友人関係から、恋愛へと発展できるものなのか?」という前半の流れは、誰もが身に覚えのあるような悩みがいっぱいでてきて、ときとして切なくなる部分も。藤澤えまちゃんと、小池徹平くんで、映画化が決定しています。

Death note (9) Death note (9)

著者:大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現在11巻が発売中。「名前を書くと、その人が死ぬ」というノートをめぐるスリリングなストーリーです。マンガは「ヒカルの碁」の小畑健。だから、ビジュアルがとっても美しいですよ。前半、死神をめぐるストーリーは「ファンタジーサスペンス」、後半になると、主人公の夜神月(ライト)の完全犯罪とそれを阻止しようとする人物とのやりとりが中心となる「クライムミステリー」になっていきます。全体としてストーリーがやや難解なので、一気に読むことをおすすめします。

ヒストリエ 3 (3) Book ヒストリエ 3 (3)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

友人から借りたのですが、まだ3巻にもかかわらず、内容が深いです。歴史モノです。アレキサンダー大王の書記官エウメネスの話なのですが、人種問題、身分(奴隷と使用者)問題など、うま~~~く、考えさせられてしまうのですよ。

いや~、まだまだ書きたいんですけど。それはまた別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯のチケットです

フランスW杯予選のときに知り合ったサッカー仲間に

今回のドイツW杯のチケットを譲ってもらいました。

本日、鳥鍋をつつきながら、授受しました。

偽造防止もふくめてピンボケ写真をアップ。

今までのW杯チケットに比べて、紙質が固くて暑い。Dsc00036

なにか偽造防止のための策が施されているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マンモグラフィー

「乳がん検診」がよくわかる本―“触ってわかるしこり”にならないうちに! Book 「乳がん検診」がよくわかる本―“触ってわかるしこり”にならないうちに!

著者:坂 佳奈子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マンモグラフィーって知ってますか?

乳房をギュ~ッと板でつぶしてできるだけ平たい状態にして、X線撮影するんです。それが乳がんの早期発見につながるんですよ。触診や超音波は、「がん」になった部分を発見しますが、マンモは、がんの前段階、「石灰化した細胞」から写るわけです。

今年、私の近しい人が、これで乳がんの初期段階が発見できまして。無事に手術を終えました。最近、私もマンモを受けてみました。確かにね、胸をひっぱって押しつぶすのは痛いですよ。でも、命に比べたらね。あと、命は助かったとしても、やはり女性として、乳房がなくなるのはたぶん、本当につらいんだと思う。乳がんは、早期発見できれば、たいした病気じゃないです。そして早期発見の方法はあるのです。

ちなみに。巨乳の人はもちろん、貧乳の人も、まったく問題なくマンモグラフィーを受けることができるそうです。男性なみのペタンコな胸だってOKだそうです。

ココを読んでくれた女性の方、ぜひ、一度うけてみましょう。男性の方、大事な女性にはマンモ検診をうけさせてあげましょう。

知り合いの女性が編集した本が、ちょうど手元に届いたので、リンクはりました。よくできている本ですので、気になる人は立ち読みでもしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コメント&トラックバックについて

ちなみにコメントの入れ方でお知らせです。昨日、早速、迷惑トラバが入りまして。
今後は私が管理ページで許可したものだけを掲載することにしましたです。なので、コメントを書いてもすぐに反映されないことが多いと思うのですが、ご理解くださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

江原センセイ

かつて、仕事で江原先生にお会いする機会がありました。

そのときは個人的なことは聞かないようにしていたのですが

その場にいた人から薦められ、先生のアドバイスを

いただきました。

センセイいわく、「仕事のできる人っていうのは

あなたのような人のことをいうんだよね」。

とほめていただいたのはうれしいのですが、続けて

「ノド、気をつけてね」といわれました。

たしかに。

今年になってから、やたらとノドから風邪をひきます。

そして、いったん風邪をひくと平気で2週間以上、治りません。

センセイ、当たってます!

で、どうすればいのよ? せっかく当たっていても

そこから先がないと、意味がなくない??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワインと料理@世田谷

同じマンションに住むK嬢とその彼氏M氏と一緒に

ワインと料理のおいしい駒沢の交差点付近の店に行きました。

(店名は昨夜はアップしたのですが、お店に了解を

得てないので今日は消してしまいますです)

ワインが得意でない人も、グラスでいただけるので

なかなかよいのですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログへのお引越し。

今までウェブサイト日記としてニフティのサービスを

利用していましたが、時代の流れもあり(笑)、

そのサービスがまもなく終了するようでして。

これからW杯もありドタバタになってしまいそうでしたので

本日からブログへ転向することにしました。

さまざまな無料ブログサイトがありますが、

長年のお付き合いのニフティの「ココログ」にしました。

今後ともよろしくお願いします。

「スタジアムへ行こう!」3度目のリニューアルです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »